株のお話

こんにちは。

株に関してのブログを中心に書いています。

株のニュースといえば。

最近の話ではありませんが、出光興産の増資について。

出光興産が、昭和シェルと経営統合をするということに対して、創業家が反対をしているというニュースがありました。

反対をされながらも、統合の話は進んでいるようで、公募増資のニュースもありました。

この公募増資は、昭和シェル石油との合併に反対している創業家保有比率を引き下げ、合併実現の環境を整えるのが目的という味方もあります。

ですから、創業家サイドは増資差し止めの仮処分を裁判所に申し立てる方針とみられている。

しかし、東京地方裁判所は請求を退ける徹底を下したそうです。

しかし、更にそれに対して東京高裁に即時抗告の申し立てを行ったそうです。

その理由として、新株発行は既存株主の議決権比率を「希釈化する目的で行われるものであることを看過した不当なものであり、到底容認することができない」とコメントしましたが、確かにそうだなと思います。

その理由でしかないのだと思いますし。

しかし、どんな理由でなら新株発行してよくて、だめなのかっていうのは難しいところですね。

株をどんどん発行されると、元々持ってた人たちはいい気しないでしょうし、創業家側に立ちますよね。まぁ株が下がらず、儲けられれば文句ない話なんですが。

そして、昭和シェル株は上がってるなんてニュースもありましたね。

合併するということでの、上昇なんでしょうか?わかりませんが。

先程も書きましたが、既存の株主にとっての、「株主の希薄化」のお話。

株式の希薄化とは、株式の総数が増えることで、1株あたりの利益が下がってしまうことをいいます。

例えば!ある企業の発行済みの株式総数が10000株、純利益が100万円だった場合は1株あたりの利益は100円だが、増資を行い株式を新たに10000株追加して20000株にすると、1株あたりの利益は単純計算で50円となってしまうんです。

1株利益が大きく現象するということは、現在の株価が割高になり、公募増資が決定すれば、株価が下落するケースが多いです。

しかし、事業拡大の為に使用されるとなれば、今後利益が伸びる可能性があるということで、株価が上昇することもあります。

なので、そうなれば、下がることはないかもしれませんし、何ともいえません。

まぁ、ちょっと不安になる要素ではありますよね。

今回の場合、元々出光興産は1億6000万株の発行済株式数があり、公募増資によって新たに4800万株増加することになります。

1株あたりの利益を出すために、純利益を1億6000万株でいままで割っていたものがこれからは、2億800万株で割るということになります。

単純計算で30%分利益が薄まるということです。

そういうことなので、公募増資が決定してから出光興産の株が大幅に下落しています。

この瞬間に売ろうと決めた人も多いかもしれませんね。先がどうなるかわからず不安ですからね。

合併が成功してすごく増えるという可能性もあるかもしれませんが可能性に過ぎません。

そもそも、創業家に反対された状態で、理解を得られないまま推し進めるというのは、出光興産的にどうなんだろうというのもあります。そんな状態では先行き不安ですね。

まぁちょっと様子見という感じです。

そのニュースが出てからの株価をチェックしてみましたが、一気にガクンと下がってからゆるやかにではありますが上がってきてはいますね。元通りにはまだまだですが。

預金をするよりも資産運用がお得?

日本は長い間にわたって預金金利が低い状態で推移しています。資産を現金で預金をしていても大きく増やすことが出来ません。また、逆に預金金利が上がってくるということは、社会がデフレからインフレに変わったことを意味します。現在日本はデフレの環境から脱却出来ていないので物の値段が低い状態ですが、今後インフレへと変化した際に物の価格の高騰と預金金利の上昇が同じ速度で進むとは限りません。もし預金金利が低い状態のまま物価が上昇してしまうと結果として資産が減ってしまうことになります。インフレで物価が上がるよりも高い利率で資産を増やすことが出来ないと資産は当然減っていくことになります。

そこで、預金をするよりも資産運用をして資産を増やしたいと考える方はまずは株式投資から入る方が多いものです。株の売買というと、以前はわざわざ証券会社へ出向き、証券会社の営業マンの薦める銘柄を購入するというイメージが強いものでした。今でもそういった投資スタイルは残っていますが、現在はインターネットが浸透していますので、ネット証券会社で口座を開設し、自分で銘柄を選定して株の売買を行う方が増えています。日本の株式市場はもちろんのこと、最近ではインターネットがあれば海外の株式の銘柄も購入することが出来ますので、世界の企業に資産を投資することが出来ます。

株式投資で資産を増やす方法としては、株を安く買って高く売ることで利益を得ることが出来ます。まだ新興企業のため安い株価で購入した企業が大きく成長した際には大きな利益を得ることが出来る可能性があります。その為、株の購入時には企業研究やその企業が成長するための経済環境などをよく調べるようになります。必然的に社会経済や世界の動向に敏感になりますので、世界の経済の動きがだんだんと分かってくるようになるでしょう。また、株式を発行している企業の中には株主へ株主優待を送る企業も少なくありません。株を売却したり、利益が出た際の配当ももちろん株主としては重要ですが、毎年送られてくる株主優待もまた楽しみなものです。

株を始める際は、まずは少額から始めることをおすすめします。売買も何度か繰り返すうちに株価の高い位置や安い位置が分かってくるようになりますし、株価のチャートの見方も勉強する方が効率よく投資することが出来ます。株の売買も慣れてきてから少しずつ投資金額を増やし、最初から高いリスクを取らないことをおすすめします。

賢い投資

これから株式投資に取り組もうという人にとって、株がどのようなイメージがあるのでしょう?
まだ、株を始めていない人や株に興味がない人にとって、株取引は極めて危険なものと考えている人も多いでしょう。
格言に、「買いは家まで、売りは命まで」という言葉があるぐらいで、確かにリスクが存在することは間違いないです。
株式投資はリスクを十分に理解できなくては取り組むことがタブーです。
少額投資非課税制度がスタートしてから、主婦やサラリーマンの投資家が増えたと言われています。
株式投資をスタートさせる発想が、「手っ取り早く儲ける 」「働かずに利益を稼ぐ」「お金でお金を稼ぐ」など、儲けのイメージを強く持ち、損をするというイメージが少ない人が多いようです。
考えてみれば、利益を得る場合、甲乙の関係となります。
売る方が甲ならば買う方は乙です。
互いの存在があって互いが成り立つもので、買う人がいなければ売りは成り立たず、売る人がいて買えるということです。
株式投資では売った株を買う人がおり、互いの価格の一致で売買が成立します。
利益確定で売り抜けた株は必ず買っている人がおり、それを買った人の今後の運命は相場が上に行くか下に行くかは分かりません。
中には高値掴みとなってしまう人もおられるでしょう。
損失だ出す人がいればその裏で利益を掴む人もいるということです。
市場参加者が全員利益が出るという相場は存在しません。
投資生活を続ける中には損失が出ることもあり、また利益が出ることもあるということです。
十分に理解しなければいけないのが取引による損失で、すなわちリスクです。
ただし、売買での損失は確定申告による損益通算が出来ますし、3年間損失繰越も可能です。
それとは別に、有配銘柄であれば配当が支払われるため、インカムゲインが割り込んだ投資元本の穴埋めをします。
投資とは必ずしも売買で利益を出すというものではなく、配当を目的に余裕のある資金で株を買うということもあるのです。
例えば、株を買って長期的に売らずに所有するのであれば、いつ買っても損ではないという理屈になります。
とくに、国が関係するインフラ事業(鉄道や通信等の大手企業)の銘柄であれば、株価は経済状況に連動しますが、比較的安定した配当を出します。
株価が高くなれば、分割することもあり、事業継続してゆく中で拡大を図る時、増資ということもあります。
いずれにしても、売らずに持っているのであれば、価格が下がっても損失が出ません。
所得の目的が配当であれば、投資した資金はただの資本金です。
お店を始めるための初期費用と考えれば、あとは経営後に順調に進むか進まないかです。
業績が良く好財務の銘柄に投資することが安定した配当が得られ、賢い投資となるでしょう。

株の売買では「曲がる人」を参考に

友達や家族、同僚などで株の売買をしているという方がいる場合は注目してみると良いかもしれません。どのような手法で、どの銘柄を売買していて、どのような成績かを聞き出します。注目すべきなのは、全く勝てない人です。結構な確率でいて、日経平均が右肩上がりであろうがその人の所有株はさえない動きをします。

その行動を見ると、上がる株も立ち上がりの根元で売ってしまったり、下がり続ける株もとことん我慢してから処分売りをしています。経済に関心があり、経済専門誌や専門の新聞をよく読んでおり株価チャートも熱心に研究しています。

しかし、細かく話を聞くと決算の内容や財務の内容にあまり関心がなく、経済新聞やアナリストの評価などをそれらを見る代わりに参考にしているようです。長く株式投資をしていると株価の天井で買って底で売るというのを経験します。まさにそれを行っている曲がる人ですが、株価が右肩上がりの時に強気のコメントにあおられ財務内容の悪い会社の株を買ったりします。株価が下がり続けていると、まだ下がるというコメントと出来高倍増に怖くなり健全な経営を行っている会社の株を処分してしまいます。

いわゆる「曲がる人」は一定の割合でいますが数は少ないです。ほとんどの人は勝ったり負けたりでそういった人は全く参考になりません。しかし、いったん曲がる人(全く勝てない人)を発見したらウォッチすることをおすすめします。仕手株などは手を出さない方が無難ですが、出来高が多い人気のある銘柄で自分が監視しているものがあれば参考にしてみると面白いです。証券会社のアナリストにもいるのでその人のコメントは大変参考になります。曲がる人は勉強熱心な人が多いのですが注目しているポイントがずれています。日経平均にも影響があるアメリカの雇用統計などを見る場合、曲がる人はアナリストの予想平均と比べたりします。もともとの数字の推移などには関心がありません。それをもとに売買するので急上昇や急落に巻き込まれて右往左往することが多いようです。

景気は比較的大きなうねりを起こすので小さな出来事に右往左往し株の売買を行うと失敗します。株が上昇している時に売り抜ける、大きく売られて下がっている時に買うという行動はなかなか難しいですが曲がる人の行動を参考にすると良いかもしれません。株式投資は自己責任なのでアドバイスなどは控え見守る姿勢がベストです。曲がる人の話は大変参考になり経済専門誌や有名アナリストの意見を総括してくれますので一旦聞いておいて大衆心理の分析に役立てると良いと考えます。

資産運用を行うなら株か投資信託か

これから資産運用をはじめようと考えている方は、まず、何に投資しようか、そこから悩むこととなるかもしれません。資産運用の対象となる金融商品は数多くありますが、資産運用初心者の方にとって、最初に思い浮かぶのは株、そして投資信託(略して投信)ではないでしょうか。


この2つのどちらが資産運用の対象として適切かは、資産運用を行う場合の目的や、目標とする収益等によっても変わってきますので、一概にどちらがよいとはいえません。
そこで、ここでは、初心者の方のリスクを軽減するという側面を重視して、分散して資産運用できるのは、どちらかという視点から、考えてみます。

資産運用をこれまで行ったことのない方は、どうして資産運用に踏み出すことができないのでしょうか。それは、リスクをとること、端的に言いますと、資産を運用するはずが、逆に減ってしまう、場合によっては、資産運用にあてたお金をすべて失ってしまうことへの不安がある場合が多いと思います。

では、その不安を減らすには、どうしたら、よいでしょうか。リスク軽減の1つの方法として、分散投資という手法があります。

例えば、100万円の資産を1つの会社の株式にすべて投じることは、分散した資産運用とはいえず、もしその会社の業績が大きく悪化したような場合には、資産は大きく減ってしまうことになります。

しかし、いくつもの会社の株式を組み込んだ投信を100万円分購入したような場合には、たとえその組み込まれた会社の業績が1社大きく悪化したとしても、1つの会社にすべてをかけた場合と比べて、資産が減少するリスクは小さくなります。

これが、分散して資産運用するということです。もちろん、自分で個別の銘柄を選んでいくつも保有することも分散した資産運用にはなりますが、1銘柄を購入するのに、それなりの元手が必要となることを考えますと、多くの株式を組み込める投信という商品は、資産の分散という面でメリットがあるのです。

このため、資産運用の初心者には、投資信託をおすすめする場合が多くなります。そして、この投信のもう1つのメリットは、投信積み立てなど、月々、少額(1万円程度)から、積み立てて資産を増やしていくことのできる商品がたくさんあることです。これも分散した資産運用を重視する観点からしますと、一度に資産の多くを投資するのではなく、毎月少しずつ購入していくことで、時間の分散により、リスクを減らすことができます。

もちろん、投信にも、運用時に手数料がかかることなど、デメリットはありますが、リスクを減らすという視点から見ると、非常に魅力のある商品と言えるでしょう。

株などの投資向け金融商品を正しく理解しよう

個人でも投資運用を行う必要が出てきた現代社会では、銀行の定期預金だけではなく、もっとリターンを期待できる金融商品にもチャレンジするべきです。 イメージだけで投資運用を怖がっている方が多く見られますが、その仕組みを正しく理解して、きちんとリスク管理を行えば、誰でも一定期間で黒字にすることが可能になります。

個人で行える金融商品の代表格は株であり、上場企業が発行したものを売買した時の差額、あるいは、株主として配当金や各種優待を受け取ることで、定期的に利益を確保できるのです。 株の売買は、日本においては主に東京証券取引所で行われており、個人では直接取引ができないので、証券会社を通して行います。

東京証券取引所は世界的に認められた公平な場で、海外からも多くの資本が集まっているのが特徴です。

証券会社への口座開設は簡単で、銀行と同じ要領で個人情報を提供すれば、約1週間ぐらいで完了します。 オンラインで申請して、公的な身分証明書のコピーなどを郵送すれば、自宅にいながら全ての手続きが済みます。 昔の証券会社はそれぞれに担当の営業マンがついていましたが、今ではオンライン取引が主流になっていて、いちいち営業マンに連絡せずとも、インターネットからアクセスする専用ページで自由に売買ができる環境です。

むしろ、現在では担当制の証券会社の方が少なく、中には店舗を持たずにオンラインだけで営業している、新たな形態の証券会社も登場しました。 元本保証がされていないが、その代わりに大きな利益を狙える金融商品を多く扱っている証券会社に口座開設をすれば、その時の情勢に見合った投資運用を実践できます。

法律によって、販売側にはその金融商品についてのリスクと内容を説明する義務があるので、購入前に一通りの説明を受けられます。 金融商品の値段は需要と供給の関係で常に上下しており、できるだけ安い時に買って、高くなった時に売るのが理想です。

契約内容によっては、高い時に売って、安くなった時に買い戻すという逆の取引も可能で、株に詳しくなれば、まさに値動きがあれば儲けられる立場になります。

銀行の口座にただ預けているだけではお金は増えないので、これからの物価上昇や老後の生活に対応するために、株などのお金でお金を稼ぐ方法を身につけておきましょう。 最初は試行錯誤で上手くいかない時もありますが、経験を積んでいけば、どんどんと上達していき、やがて自分の将来を支えてくれる大きな柱にまで成長します。

株による金融投資の魅力

投資は行うことで、資産の増加や、社会貢献、自己成長を目指すことができます。対象によって金融、物的なものとの2つに分けることができ、株の場合、債権や投資信託などと同様に金融に属します。一方、物的なものとしては不動産や金・銀・プラチナ、美術品などがあり、最近では太陽光発電なども対象として行われています。

株は投資の中でも広く知られており、中でも個別銘柄を対象とする取引は、初めての人でも手掛けやすい手法の1つになります。手掛けやすい反面、対象企業の数は約3,500社と非常に多く、全ての企業の内容を理解し、その中から銘柄を探すのは不可能に近いといえます。取引を始める際には目的を定めておくことがポイントの1つになり、各々が持つリスク許容度を把握しながら、キャピタルゲイン(値上り益)向けの銘柄か、また、インカムゲイン(配当)向けの銘柄なのか見極めることが大切になります。

株には大きく、キャピタルゲインインカムゲイン、優待、分割の4つが期待できるメリットがあり、中でもキャピタルゲインは最大の魅力になります。キャピタルゲインは、取引においては最も基本になります。ここでは、購入した価格が上昇した場合に売却をすることで利益を得ることができ、割安で購入をしていたとすれば、時として大きな利益に結び付けることが可能になります。 インカムゲインは、企業が利益の一部を還元することで得ることができます。インカムゲインは各企業の決算期ごとに分配されることになり、ポイントとしては、毎回一定額ではないこと、企業業績によっては増配や減配、場合によっては無配となることがあります。分配を受取るには、各企業が定める決算期末まで購入し権利を有しておく必要があり、配当利回りが良い企業では期日近くに取引がされることも多く行われています。

優待は、簡単には企業から贈られる御礼であり、インカムゲインと同様の条件を満たすことで権利を得ることができます。贈られるものは様々であり、例えば、自社製品やギフトカード、食事券、チケット、米など企業によっても違いがあります。

また、優待は身近に使用できるなど人気が高く、実際、優待目当てに取引を始める人も多く存在します。 分割に関しては、購入時における魅力の1つになります。分割は1株をいくつかに分割して発行数を増やすことを指し、仮に、2つに分割をすれば保有数も倍になります。保有をする全体的な価値は変わらないものの、大きなメリットとして1株の価格が下がることでより多くの人が購入をしやすくなる点があります。

買いやすくなるために人気が出ることになり、結果として価格の上昇へとつながっていきます。