資産運用で人気の株取引

近年、資産運用として最も人気を集めているのは株取引です。日経平均株価は右肩上がりで20世紀後半にあったバブル景気に記録した株価の連続値上げの更新まで記録しています。では、なぜここまで株取引は人気を集めるに至ったのでしょうか。大きな影響を与えているのは、インターネットの発達です。従来まで、資産運用を行う際にはわかりやすい不動産関連の取引が主流でした。不動産関連が資産家に好まれたのは、不動産の業務を専門の業者に委託することで、不動産の所有者本人がほとんど何もしなくても投資を継続できたからに他なりません。例えば、収益物件として不動産を購入した場合には、その不動産の管理が非常に面倒になってしまいます。そこで、その不動産を管理会社に預けて、不動産に関連する業務をすべてこれらの会社に任せるわけです。こうしておけば、資産家が率先して取引をしなくても安全に運用することができます。従来まで、株取引にはこうした不動産のような安全で気軽な運用ができませんでした。まず、株取引の取引単価が高かった影響があったからです。昔は、こうした企業に関連する証券は高価なものであると考えられていましたので、素人では手が出しづらい側面がありました。実際に、取引単位として一回当たりの取引で100株から1000株程度を購入しなくてはならないことが普通だったのです。ところが、インターネットが発達して気軽に証券会社の口座を開設できるようになってからは、より顧客を取り込むように証券会社や上場企業も努力を開始しました。単元未満株の制度を利用して、たった1株だけを購入できるようにし、基本的な資金を非常に小さくできるように工夫をしたわけです。これによって、いままで企業の証券などに全く興味の無かった層に対しても証券の魅力が広がりました。また、近年では取引をした人が自力で確定申告をしなくても良いように、特定口座を提供している証券会社が当たり前になりました。投資で利益を得た時に一番困るのは、確定申告をすることです。税金の計算は非常に複雑で、サラリーマンなどで働いている人は自身の収入と投資の利益を合算してどの程度の税金を支払うのかを考えなくてはいけません。こうした面倒なことを投資家に差せないように、証券会社側が率先して税務の処理を行ってくれる証券口座が登場しました。これをインターネット上で提供することによって、広く多くの人に認められるようになったわけです。

株をするならファンダメンタル分析

株をするならファンダメンタル分析が良いと自分は思います。テクニカル分析ファンダメンタル分析は株の割高割安を判断する二大手法といってもいいでしょうが、テクニカル分析は過去の値動きを見ているだけで、特に会社の中身などは何も考えません。それに対してファンダメンタル分析ではしっかりと事業内容なども考えていくことになるので、株の実体を見るにはこれしかないとも自分などは思ってしまいます。テクニカル分析派は値動きには全てのことが含まれているので、特にその中身については考える必要はないというのですが、自分などはその中身を考えることが大切で、値動きはその次だろうという気がするのです。言ってみればテクニカル分析は表面に出てきていることが全てでその内容は見ないということになるわけです。ということは、株を人に置き換えてみると人をテストの成績だけでは判断しているようなものです。それではなかなか人の中身を見抜くことは出来ないでしょう。あいさつであったり、態度であったりというテストでは出てこないものの方が自分には大切な気がするのです。
ファンダメンタル分析で自分が重視するのは、企業の財務体質です。自分が重視する財務の健全性を考えた投資はバリュー投資ともいわれるものです。しっかりとした企業活動をしているにもかかわらずに、株価が安く据え置かれているところを探して、そこに投資をするという方法です。この方法のいいところは、企業の実質的な力が目に見えて分かるところです。簡単に言えばすごい実力を持っているのになぜか評価されない会社を自分だけ評価しているというような感じです。そのうちこの凄いことに気づいて株価も上昇してくるだろうという投資スタイルです。実力のある企業はいずれ目を付けられることになるでしょうから、そうなった時が見ものという投資スタイルです。いわば待ちの投資ということになるのかもしれません。今はまだ世間が気づいていないだけですから、自分だけが気づいている状態であれば、これはかなり安く株が買えることになります。それでいて世間が気づいた頃にはすでに株価も大きく上昇しているはずという投資です。これはかなりリスクとしては低いと自分などは思います。なぜなら、世間が気づいていないだけですから、世間が気づくまで待てばいいというだけの投資になります。企業が実力のあるところであればいずれ気づくでしょうから、それを待つだけでいいのでリスクもかなり低いと思われます。

アベノミクスと株価

2017年10月、ついに日経株価が21000円を突破し、1996年12月以来の水準を回復しました。アベノミクスは批判されることも多いですが、株価の点では確実に回復させてきているので個人的には評価しているところです。現在はアメリカの順調な景気回復とトランプ政権への期待感、また日本株の出遅れ感などから、上昇トレンドが継続中です。北朝鮮問題やトランプの爆弾発言などによって、ヒヤッとさせられることも多いのですが、それらを短期調整の理由としながらこなし、長期的には順調に株価は回復していると考えて良いでしょう。

インターネットで簡単に株の売買ができるようになり、わたしも淡い夢を見ながら始めたのが15年ほど前のことでした。100万円を資金から恐る恐るスタートさせ、いざなぎ景気によってゆったりとではありましたが、確実に資産が増え続けました。その間はほとんど売ることはなく、買った株を持ち続けました。それだけでどんどん含み益が出ていたので、こんな簡単にお金が増えて良いのだろうかと思うほどでした。

そこで調子にのってさらに投資する資金を増やすことにしたのです。そして、新たに買いました半年後、リーマンショックが起きてしまったのでした。あっという間に株は暴落し、売り抜けるタイミングを失ったまま、塩漬け状態とさせてしまったのでした。本当に暗く重苦しい不安な毎日でした。これで破産するというわけではありませんでしたが、含み損は40万円から50万円に達していました。

いつ底を打つのか全く見当もつきませんでした、必ず戻ってくることを信じて、日経株価が7000円台になったころから、少しずつ買い増していくことにしました。そうしないと儲けを出すことができないと思ったからです。しかし、これは大正解でした。東日本大震災で追い打ちをかけられたこともありましたが、その後安倍政権に変わって、潮目が完全に変わりました。

日経株価が21000円を超え、アメリカも歴史的最高値を更新する中で、これからどこまで上がり続けるのかということが話題になっています。少々過熱気味になっていますし、誰もが高値で売り抜けたいと思っているからです。いま、多くの外国人投資家たちが買い越している中で、日本の個人投資家は逆に売り越しています。この先、もし日本の個人投資家たちが、売り越しから買い越しに変わりだすか、外国人投資家たちが売り越しに転じたときに、上昇トレンドが終わるときかもしれません。

株価の限界

株価の限界というのは、一体どこにあるのかなと考えることがあります。
上限というのがありませんから、空売りは損失が無限大になるということもあると言われたりしますが、実際にはどこまでも上昇をしていくという銘柄はありません。
最終的にはどこかでこれ以上の金額では誰も欲しがらないところがくるわけですから、やはり上限はあるものです。

企業は成長を続けるものであり、株価もそれに合わせて上昇していくわけですが、最後には成長が止まってしまうのではと思うのですが、この辺の仕組みがよくわからなかったりします。
飲食業でしたら売上が伸び悩むことはあるかもしれませんが、人が生きていくために食事が必要な以上は売上がなくなってしまうということはないでしょうが、製造業などはどうなのかなと考えることがあります。
市場の飽和というのはいつかは起こることですから、そうなってしまうと成長が見込めることができなくなり、企業の価値が下がってしまうわけで、企業は成長を続けるという話はおかしいということになります。

もちろん、一つの企業が一つの事業しかしていないということはありませんから、あるものが飽和状態になればまた別の未知で活路を見出すということになるので、すぐに潰れるということはないにしても株価が上昇を続けていくということはないような気がします。

ピークに達した場合、上昇をすることはありませんが下落もすることがない、そのような状況こそが最終局面なのかなとも考えます。
確かに長い間一日の値動きが数円程度しかなくて、上昇も下落もしないという銘柄がありますから、株の行き着く先にはこのような世界があるのかなと思います。
しかし、そのようなときであっても大株主の一人が大きく売りに出したら値が下がってしまうわけですから、上昇を続けるというのはやはりなんだか納得ができないような気もします。
ピークに達したときに全く値動きがなくなるというのが間違っていて、狭いレンジで推移をするだけなのかもしれないですね。
そのような状況になると株を購入する旨味がなくなってしまうようにも感じますが、高金利の貯金のような感じになって誰でも少ないリスクで資産運用をできるようになるのかもしれません。
株価の変動はほとんどなく配当だけを受け取る権利を得ることができるというのが、上昇しきった後の動きだったらそれはそれで誰でも投資がしやすい時代になるわけですから、頂上というのを見てみたいです。

株関連ブログの成功者体験を参考に

株に関するブログは大変多く、その内容も様々です。こんなにたくさんあるのかとびっくりするほど多彩です。それだけ多くの人が関心を寄せている内容なのです。

取引も昔ながらの一つの銘柄が育つまで待つ長期、おおよそ3か月くらいで約定を済ませる中期、3日から3週間くらいで手じまいするスイングトレードと言われるもの、1日のうちだけで取引するデイトレードとあります。それぞれに解説がありプロの信ぴょう性があり、内容も深いものもあります。

銘柄も代表的な日経225銘柄、東証1部、2部、東京マザーズ、ジャスダック、地方ですと大阪、名古屋、札幌、福岡の証券取引所があります。その株の数は6000以上にもなります。こんなにたくさんある中で何を探せというのかと迷い悩んでしまいます。

株関連ブログでは、この迷いを払拭してくれる予想をしているものがあります。かなり勉強している方が書いているものもあります。銘柄の種類も金額の高い大型から、10万円以下で買える安い銘柄もっと小さいプチまで、明日はこれが上がるという内容で詳しく記載されています。ブログから、もう一歩踏み込んだ予想サイトに飛べるようにアドレス付のものが多いです。

最も多いのは、個人の株取引日記です。これはとても幅広く、長くやってる人、伝説のプロトレーダーから、最近始めたばかりの主婦まで、ありとあらゆる人が思い思いに書いてます。勝率をのせている人、勝ち負けの金額をのせている人など日記なので自分の意見や主観が書かれています。読み手は、こういう人もいるのだなとか、自分と同じとか共感を覚えてなぐさめられたり、励みになったり、気分を上げる材料になります。

多くの人は、成功者の体験が一番見たい内容ではないでしょうか。一旦は大負けして退場したが、また不死鳥のごとく蘇ってきました。というような復活劇はドラマを見ているように心が動かされます。そして、そのノウハウまで記載されているものは、大変参考になります。

また、外国銘柄の知識、IPOはどのように申込するか知らないことを教えてくれます。話題の配当ランキングや、優待券の紹介はとても魅力があります。人気のブログはやはり内容が確かなので訪問者も多く、ファンも多く付きます。毎日読むと経済の動向もわかり、ここなら自分の今は入れるという自信もついたります。イラストで可愛くまとめてあるものとか、人と株は切り離せれないのだと改めて感じます。

最近株式に関係したブログがとても多い

株式に関係したブログはとても多いですが、内容はそれぞれ違って、幅広いです。内容が幅広い理由としては株式投資に絶対がないからです。もし、確実に利益になる投資方法があれば、それ以外の情報を掲載しているブログは信用できないので読まれなくなります。株式の売買は投資家の買値と売値が一致したときに取引が成立します。すなわち、同じ銘柄でも買いたいと思う投資家と売りたいと思う投資家が同時にいるということです。
金融市場は機械的に動くわけでなく、人間の心理が働きます。日本は長期的なデフレ経済によって、日本人はデフレの生活に慣れているため、すぐに必要でもない商品を急いで買わなくても、価格が下がるだろうと考え、消費行動が抑えられます。インフレの生活に慣れている人であれば、今のうちに購入しないと、価格が高くなるので、急いで買わないといけないと考え、消費行動が活発化します。
株式投資にはデフレとインフレの心理と同じようなことが起きます。将来的に業績が下がると予想されると、下がり続けるだろうという心理が働きます。逆に、将来的に業績が上がると予想されると、今のうちに買わないと上がってしまうという心理が働きます。
デフレとインフレの心理で考えると、デフレの心理であれば買い手がいない、インフレの心理であれば売り手がいなくなります。しかし、実際にはデフレの心理でも買い手が存在し、インフレの心理でも売り手が存在します。その理由としては、適正価格を算出して投資判断をする投資家がいるからです。
いくら、デフレ経済だからといって、商品の価格が1円まで下がることはなく、お手頃価格だと思えば購入します。それと同様に、将来的に業績が下がると予想しても、倒産するような危機でなければ、将来の下がった業績から適正価格を算出して、それ以下の価格であれば割安と考えることができます。
株式投資に絶対がないといったように、将来はどうなるかわからないので、適正価格を算出する方法で確実に利益を出せる保証はありません。デフレとインフレ心理を投資判断として莫大な利益を出した投資家もいます。そのため、投資方法がみな違うのは当然といえます。一時的でなく、10年以上の長期間に渡り、利益を出し続ける著名投資家達の考えることはリスクを重点に置く考え方です。具体的には、現時点で予想されるリスクが起きた場合の損失額を算出し、運用資金が枯渇しない損失額であれば投資対象します。

世界に分散投資するのがおすすめ

株をするなら世界に分散投資をするのがベストだと自分などは思います。今は株も銘柄選びをすることも必要なく投資をすることが出来るようになっているのです。自分がいいなと思うのはETFといわれるものです。これなら銘柄選びをすることなく、しかも全世界にわたって投資をすることが出来るようになるという魅力もあります。産業別に投資をしたり、分野別に投資をするこということも出来るので、これから成長する企業は分からなくても投資をすることが出来るというのがETFの特徴でもあります。

このETFは上場投資信託といわれるものです。ですが、株のように売買をいつでも出来るのが特徴でもあります。ですから、株の保有比率を変更したりするような時にも使えるのがメリットでもあります。毎年自分が持っている株の比率を見直せるので、とても使い勝手がいい金融商品ということになるでしょう。投資信託でありながら手数料が安いというのも魅力ですし、商品数が多いということも大きな魅力となっています。そして、このETFを使えば産業別や分野別の投資ということも可能になるのです。しかも、大勝は世界に広げることが出来ます。

例えば、これから世界は爆発的な人口増加による水不足になることが考えられていますから、水関連の事業は大きなビジネスになると考えられます。それに対してETFであれば水関連事業に対して投資をするETFが用意されています。これを買うと世界の水関連事業に関する会社に投資をすることになり、その事業が活発になれば株価も上昇して利益になるということになります。ですから、ある意味ではこれは水関連事業に分散投資をしているようなものということになるのかもしれません。水関連の会社を一つ一つ知らなくてもいいのがこの投資の大きな魅力です。水関連の事業でどこの会社がこれから成長するのかは分からなくても全体として水関連の事業が成長して行けば収益となるというのがこの投資の方法の大きな魅力です。

同様にETFはいろいろな金融商品がありますから、分散投資を考えるにはもってこいです。日本だけではなく世界のさまざまな事業に対するETFもありますし、資源関連のETF、エネルギー関連のETFなど実に多岐にわたるものがあります。それぞれについて、分散投資するのもいいですし、自分がこれだと思う事業に投資をするというのもいいでしょう。これからは自分で投資商品を見つけることが必要な時代でもあります。